金沢市移住ポータルサイト 金沢に住もう。

いいね金沢

金沢で暮らす

子育て環境が充実しているから共働きでも安心
住まいと職場、学校等が近接する街中は生活も便利
森忠 典靖さん・沙耶香さん
プロフィール
森忠 典靖(もりただ のりやす)
森忠 沙耶香(もりただ さやか)
出身:
福井県生まれ典靖さん
愛媛県生まれ沙耶香さん
現住所:
金沢市芳斉
移住年:
平成22年(2010年)
職業:
雑貨店経営

金沢に移住した経緯を教えてください。

典靖私は金沢市の中心部、せせらぎ通りに店を構え、ヨーロッパやアフリカなどから輸入した生活雑貨やビンテージ家具を販売しています。移住する前は、神戸の雑貨や書籍を扱う店で店長を務めていて、結婚後、独立開業を具体的に考えるようになりました。最初は神戸で開業を検討していたのですが、繁華街にある物件は賃貸料が高く、一時は私の地元・福井に帰ることも考えていました。そんな時、インターネットで偶然、金沢の店舗用物件を見つけて、神戸の3分の1から4分の1の賃貸料で、2倍ほどのスペースの場所を借りられることを知りました。しかも、金沢であれば北陸3県が商圏になり、福井で開業するより多くの集客が見込めます。それで、金沢へ移住することにしたのです。

そうでしたか。他にも金沢を選んだ理由はありましたか。

典靖子育て環境に優れている点も理由の一つです。実は独立を本格的に考え始めた平成20年(2008年)に長男が誕生しました。自分で店を構えるとなれば、妻にも手伝ってほしかったのですが、私は福井、妻は愛媛の出身ですから、私たちが仕事中は親に頼ることもできません。その上、神戸やその周辺の認可保育所や認定こども園は希望しても入れない待機児童が大勢います。また、神戸の場合、自営業の家庭の子どもは入れてくれないという話も聞いたことがありました。

沙耶香そうなると、非認可の施設を利用するしかないのですが、住まいや職場から何駅も離れた不便な場所にしかなく、急なお迎えが必要なときなどには不便です。その点、金沢は待機児童がゼロですから、共働きでも子育てしやすいのではと考えました。

金沢に引っ越して、実際はいかがでしたか。

典靖金沢へは、長男が2歳の時に引っ越しまして、住まいからも店舗からも徒歩圏内の認可保育所に預けることができました。子どもが病気になって、私たちが仕事の都合でどうしても世話ができないときは病児一時保育のサービスを利用することもできて、本当に助かりましたね。休日保育には対応していなかったのですが、店の近くにある金沢21世紀美術館の託児室や近江町いちば館のちびっこ広場を利用しました。これらは日曜でも未就学児の一時預かりを行っている施設です。価格も手ごろで、専門スタッフがちゃんとケアしてくれますから、安心して預けることができました。

お子さんが就学してからは、どのようにしているのですか。

典靖子どもが小学校に入学してからは、放課後児童クラブを活用しています。土日は私たちが交代で面倒を見たり、福井から両親に来てもらったりしています。住まいと店のちょうど中間地点に金沢市立玉川こども図書館がありますから、ここで本を読んで過ごしてもらったり、図書館のすぐ隣にある公園で友達と遊びながら待ってもらったりすることもありますね。

金沢に約6年間、住んでみてどんなことを感じますか。

典靖金沢へ移住してから、夜中に子どもが急に熱を出したり、過ってガラスで頭を切ってしまったりしたことがあったのですが、いずれの場合もすぐに医者に診てもらえたので大事には至りませんでした。病院に限らず、街がコンパクトで、車で10〜20分走るだけでいろんな施設に行けるのが便利です。また、街がきれいで治安がいいですね。夜更けに中高生がうろついていることもありません。それと、金沢ではわざわざ私立の学校に通わせなくても、公立の学校がそれぞれしっかりとした教育方針を立てて、充実した教育を提供してくれます。そんなところも都会とは大きく違いますね。

沙耶香子どもに安全・安心なものを食べさせてあげられますから、地元でとれた新鮮な野菜、魚、牛乳が手に入るのがうれしいですね。

典靖先ほど店舗の賃貸料が安いと話しましたが、家賃も安いと思います。神戸だったら、学生がワンルームを借りるような値段で、家族3人がある程度余裕を持って暮らせる住まいを借りることができました。また、出店時には金沢市から、賃貸料の一部を補助してもらいました。この点は神戸の友人に話すと、随分うらやましがられましたね。行政と市民の距離感が近く、声が届きやすいと感じます。

平成27年3月には北陸新幹線が開業しました。客層に変化はありましたか。

典靖首都圏のお客様や外国人客が増えました。私自身、仕事で東京に出かけることもあるのですが、新幹線開業後は日帰りで帰ってこられるようになったので、とても便利になりました。また、海外の取引先の方が、東京で商談をしたついでに新幹線を利用して金沢に来てくれることも多くなりました。兼六園や金沢21世紀美術館などを案内すると、「こんな所があったのか」と喜んでもらえます。金沢が気に入って、リピーターになる方もいるんですよ。

移住を検討している方にアドバイスをお願いします。

典靖金沢は郊外にも住宅地がたくさんあるのですが、私たちが住んでいる街中にも、住宅用、店舗用を問わず、多くの物件が出回っていて、私たちの店も小さな町家をリノベーションして使っています。また、同じく街中にある住まいは職場や保育所、学校、駅などが徒歩圏内にあって便利です。古い建物に手を入れながら住むのが好きな方はぜひ街中も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

森忠さんが経営する雑貨店はこちら!
「Gloini(グロイニ)」
金沢市長町1-6-16 TEL:076-255-0121
http://gloini.net/