金沢市移住ポータルサイト 金沢に住もう。

いいね金沢

金沢市移住Q&A

金沢市へ移住をお考えの方へ
Q.移住したいのですが、何から始めればよいですか?
A. まずは、なぜ移住したいのか、移住してどのように暮らしたいのか、住まいや仕事はどうするかといった点について具体的に考え、家族とよく相談しましょう。その上で、自分たちが思い描くライフスタイルを実現できる移住先を探しましょう。
金沢市でも移住・定住相談窓口を設けていますので、ぜひご利用ください。
移住・定住相談窓口
金沢市住宅政策課内
電話:076-220-2136
Q.移住に向けて金沢暮らしを体験してみたいのですが?
A.金沢市では首都圏にお住まいで、金沢への移住や二地域居住に関心のある方を対象に、金沢ならではの暮らしの魅力を体感していただく、「金澤ふうライフ」体験ツアーを実施しています。
 平成29年度の実施内容については未定です。詳細が決まり次第、このサイトでお知らせします。過去の体験レポート等は、下記URLからご覧ください。
http://www4.city.kanazawa.lg.jp/29101/fu-life.html
Q.住まいはどのように探せばよいですか?
A.民間の不動産会社をご利用いただくほか、金沢市で運営している「かなざわ空き家活用バンク」や、「金澤町家情報バンク」をご活用ください。
-------------------------------------------------------------------------------------
金沢市が運営する空き家・空き家・空き住戸・金澤町家の情報サイトです。
かなざわ空き家活用バンク
http://www.kanazawa-sumai.net/saisei/index.html
金澤町家情報バンク
http://www.kanazawa-sumai.net/machiya/main.html
-------------------------------------------------------------------------------------
不動産取引等についての広報・啓発活動や、土地・建物の物件検索サイトの運営等を行っている、多くの不動産会社が加盟する公益法人です。
公益社団法人 石川県宅地建物取引業協会

公益社団法人 全日本不動産協会石川県本部
http://ishikawa.zennichi.or.jp/
-------------------------------------------------------------------------------------
地域密着で活躍する住宅ビルダーが加盟し、石川県の風土に合った木の家づくりに取り組んでいます。
一般社団法人 石川県木造住宅協会
Q.移住した場合の助成制度はありますか?
A.対象となる区域で戸建て住宅や分譲マンションを購入したり、町家や中古分譲マンションを補修したりする場合などに、助成制度があります。詳しくは「金沢市住宅総合ホームページ」(http://www4.city.kanazawa.lg.jp/29101/jyuutaku/index.html)をご覧ください。
Q.仕事はどのように探せばよいですか?
A. 2016年4月、石川県と人材派遣大手のパソナが連携した「UIターンサポート石川」(金沢市石引4-17-1石川県本多の森庁舎1階)がオープンし、移住・UIターン希望者の仕事紹介を行っています。
 また、東京においても「いしかわ移住UIターン相談センター」(千代田区大手町2-6-4パソナ本部ビル内)がオープンしましたので、金沢への移住・転職、学生のUIターンの相談等、ぜひご活用ください。
-------------------------------------------------------------------------------------
石川移住UIターンサポートメディア ISHIKAWA NOTE(石川ノート)
 
-------------------------------------------------------------------------------------
 金沢市においては、東京事務所(千代田区平河町2-4-2全国都市会館5階、TEL:03-3262-0444)内にUJIターン相談室を設けていますので、お気軽にご相談ください。
 
Q.車がなくても生活に困りませんか?
A. 車は必需品です。公共交通や公共施設が充実し、買い物にも便利なまちなか区域に暮らし、住まいと職場が近接していれば車がなくても生活できますが、何かと不便なことも多いのでマイカーを持っていた方がよいでしょう。
Q.雪はどのくらい積もりますか?
A.年によっても違いますが、ここ数年のデータでは10センチ以上の積雪日数は年間9日に過ぎません。車にはスタッドレスタイヤが必要ですが、市内の幹線道路には融雪装置があり、除雪体制も整っています。
Q.雨がよく降ると聞きますが、どの程度ですか?
A.1981年~2010年の30年間を平均すると、年間降水量は2398.9mmで、東京の1528.8mmを大きく上回っています。ただし、4~10月の7カ月間の金沢の日照時間は東京を上回っており、行楽シーズンには東京と遜色なく、天気を気にせず外出できます。